こんにちは、WebマーケッターのYoshimiです。Web解析や分析が好きです!

メルマガを配信する中でキャンペーンリンクがクリックされているのかをGoogleアナリティクスで計測する方法をご紹介いたします。アクセス解析スキルを身につけることで、次のアイデアにもつながりますし、コンバージョンにつながる有効なメール構成を作っていくことが可能になるはずです。

パラメータを設定

例えば
/rubyrubular
というページへメルマガからリンクしており、
この数値を計測したい場合、このリンク設定をカスタマイズする必要があります。

googleが提供しているURL生成ツールを利用します。
gaurlmake
URL生成ツールとは特定のURLにパラメータとよばれるデータ計測に必要なコードを添付することが可能なWebサービスです。

gaurl02
少しわかりにくいですが下線部に必要事項を入力します。

gaurlmake02
ウェブサイトの URL「ページURL」へキャンペーンソースに「メルマガ」、メディアに「リンク」という感じです。
ちょっと注意する必要があるのですが、日本語ですと生成されるウRLガめちゃくちゃ長くなります。しかし、気にしなくてOKです。

必須項目は

  • ウェブサイトの URL
  • キャンペーンのソース
  • キャンペーンのメディア
  • キャンペーン名

サンプルで、日本語でURLを生成するとえらい長くなるのでアルファベットししてしまいました。

/rubyrubular?utm_source=email&utm_medium=link&utm_campaign=entry

このようなURLが生成されます。

「?」以降がパラメータと呼ばれる表示になります。

Google アナリティクスでの確認場所

計測でたいせつなのは「キャンペーンのソース:utm_source」になります。
GAでの確認場所といいますと
集客 > キャンペーン > すべてのキャンペーン
gacamp01
キャンペーンのソース:utm_sourceに記入した内容が反映されて表示されます。

メールマガジンの効果を発行日別に確認したい場合

頻繁にメールマガジンを発行している場合は、発行日別に一覧して評価していくと効果測定が行いやすいです。この場合、「キャンペーン」ディメンションにはメールマガジンの発行日を指定(utm_campaign=20150902)、「メディア」ディメンションには「email」というパラメータ(utm_medium=email)を設定しておきます。

ディメンション パラメータ 意味
キャンペーン utm_campaign 20150902 発行日
メディア utm_medium email メディアの種類

キャンペーンにemailと入力してしまうと日別での計測が面倒になります。
email20150902とすれば可能ですが、ルールが煩雑になりやすいです。

その他・まとめ

メルマガだけに限らず、URLをカスタマイズしWebサイトへ設置することで

  • どこのバナーがクリックされるのか
  • どこのバナーがコンバージョンが良いのか
  • ボタンの色はどちらが良いのか
  • どこにリンクを設置したら良いのか

など、計測することが可能になります。

ぜひ、有効活用してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です