ブログコンテンツであれば、文章構成をしっかり考えることが基礎なります。起承転結とまではいかないが、興味付けから説明、最後に簡単なまとめがあるとそのコンテンツの理解度が非常に増します。その後の商品紹介もスムーズにできることでしょう。

しかし、もっと大切な部分にタイトルと小見出しがあると考えている。その理由を紹介しよう。

タイトルや小見出しは最大多数の興味を惹くパーツ

<title>タグや<h1>タグで囲まれた「その記事(コンテンツ)を一行で表すなら」的な存在のキャッチコピーです。

問題提起

「痩せれなくて困っていますよね?そんなときはこれ・・・」「どんな集客方法でもうまくいかないと困っていますよね?」と投げかけを行い、共感を得ていくタイプです。

結果の明示

「リスティング効果120%!」「SEO順位5位以内にします!」など結果を明示します。本当に?と疑心暗鬼前提かもしれませんが、成果につながるかもしれないという期待を刺激します。

結果の根拠

「3ヶ月続けていたら10kgダイエット成功しました」など、根拠を明示します。同じことを実施すれば、目標としている数字に少しでも近づくのでは?という期待を刺激します。

というようなの書き出しであると、コンテンツの内容がイメージしやすくなりますね。

ちなみにSEO的な話をしますと、このタイトルを変更するだけで順位に変更があることも実績で確認とれています。ただし、逆に下がる可能性もあることだけは意識しておいてください。過度の変更は、過剰なSEO対策と見なされることもあるようで、あるページは圏外に飛ばされたこともあります。

意識せず、読みやすいコンテンツに仕上がる

記事タイトルで大枠を理解し、小見出しで詳細を確認していく流れになります。
どれだけ多くのかたが、数百文字というコンテンツを読んでもらうためには、小見出しにかかっている。興味付けをさせよう!
sampl1111AとBでは、見出しのみ変更されており、文章内容はかわらない。コンテンツの内容がパッとわかり、読むべきものなのかそうでないのかもわかりやすいと思いませんか。

小見出しが無いブログは単調でつまらないブログに感じてしまう。もし、ここであなたが「小見出しがない記事って単調だな」と思ったら早速、実践してみてください。リズムの変化で飽きさせないつくりをすることがユーザー思いのブログといえよう。

ファン化させることができる

「ファン化」もしかしたらブックマークやシェアしてくれるだろう。シェアしてくれた場合は、波及効果が非常に高い。思わぬところで、アフィリエイト成果もあるはずです。

一度、気に入った記事というものは、いざというときに必ずそのページを読み返すほどのプライオリティになります。

その他・まとめ

書籍では、最初に「タイトル」「見出し一覧」がある。それを見ることで、その書籍の内容をイメージし、想像し、中に入っていく。それとほぼ同じなのです。タイトル、小見出し、コンテンツ内容がチグハグですと、ブレッブレのコンテンツになってしまい、統一性のとれていないと見なされ、低い評価になります。

タイトルと小見出しはSEO的にも非常に大切ではありますが、まずは質の高いコンテンツに仕上げるためにも、しっかり考え抜く必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です