こんにちは、WebマーケッターのYoshimiです。Web解析や分析が好きです!

人材紹介のインテリジェンスからリリースされている転職支援サービス「miidas」を利用してみました。通常の会員登録フローとは異なるのでどんなギミックがあり、市場価値がでてくるのかが楽しみではあります。

[ad#txtimg468]

miidasを利用してみた・・・

サイトの情報からするといくつかの質問で、質問者の市場価値を算出してくれるようですね。こんなような人工知能的なサービスが最近多いですね。求人DBと答えをマッチさせているマッチングプログラミング(アルゴリズム)が走っているだけなんですけどね・・・
miidasしかし、質問に答えるだけで、本当の価値を教えてくれるなんて、なんてすばらしいサービスなんだ!私は世間一般的にいくら以上の値段がついているのか気になってちょっと試してみました。

mii01性別や生年月日などを入力する感じは一般的です。
その後に企業名や在職なのか離職なのかを答えていくのですが、正直、思った以上に長いです。

「あと、もう少しです!」見たいな画面もでましたが、ハッキリいってもう少しでなかったです。
で、でた市場価値が・・・
mii02いやいやたいしたことなかった。

しかも、「詳細を確認しましょう!」的な遷移になり、より詳しくスキル・資格を入力します。結果・・・
mii03さがっとるやないけ!!

しかし、この年収で転職したとしても、残業時間50時間とか、深夜対応とか、していたら社畜ですよ、社畜・・・失言しました。失礼。

どんな働き方があるのだろうか?

この金額ももちろん満足する方には満足する金額でしょう。あくまでも仮の価値ですが。
人材紹介在籍の経験から言わせていただけますと、日本での転職は年収が下がるケースが多いです。

だから、こういったサービスや人材紹介会社が存在するんですけどね。コンサルタントに任せて良い人材にみたててもらい、年収アップにつなげる。そうでもしないと企業の言いなりになってしまうのです。

求人サイトには、媒体型と人材紹介がたがあり、
miidasは、媒体型であり、スカウトもくるサイトでしょう。DODAを利用されたことはご存知かもしれませんが・・・インでリジェンスですから。

他にも多くのエンジニアの転職さいとがありますので、いろいろ使ってみたはいかがでしょうか??

とかとか・・・
で、どのサイトがどんなん?という声も多いはずです。
フリーランスを目指すのであれば「/freeitengineer-job」、単純に求人サイトを比較したのであれば「【保存版】エンジニアが利用する転職・求人サイト比較」をチェックしてみてください。

その他・まとめ

某超優良企業といわれていた大手家電メーカーやIT企業もばったばったつぶれてしまう、分社してしまう、株を売却して縮小してしまうなど、ほんとに会社依存は怖いなと思う次第です。

私も人材紹介会社在籍経験で、いろいろな人を見てきましたし、自社のコンサルタントの方々と話をしてきましたが、手に職ある人は本当につよいと思っています。

それにしても、私の市場価値は587万円か・・・

でも、大学フラグやある程度の年齢とかで一定の年収に達すると思うんですよね。
なぜならインテリジェンスのサイトでは業界の平均年収コンテンツを提供しておりますから。そういうデータも加味されていると思いますよ。

DODA運営のインテリジェンスが運営しているmiidas・・・お試しあれ。みなさんの社畜度をお待ちしております!

miidas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です