こんにちは、WebマーケッターのYoshimiです。Web解析や分析が好きです!

サイトの改善実施していますか?
Webマーケティングのお仕事でGAを利用したアクセス解析を行い課題点を見つけてそれにマッチした施策提案等を行うことが大半だと思います。Webマーケティングに解析は欠かせなくなってきました。

GAは高機能で可視化に優れていると思いますが、他にも便利なサードパーティ型のWeb解析ツールがありますのでご紹介いたします。

「改善すべきページの抽出」が可能なWebサービス Mieruca(ミエルカ)

株式会社ファベル & テクノロジーという企業が提供しているサービスで、Webサイトのコンテンツの課題や改善点を可視化し、直感的に理解できるツールです。GAとの連携もボタンぽちぽちと簡単にでき非常に便利でした。

本家はこちらです。http://www.fabercompany.co.jp/

参加メンバーもすごい

勉強会と懇親会にお邪魔させていただきました。そのときにお会いし、コミュニケーションをとらせていただきましたが、考え方も非常にしっかりしており勉強になりました。チームの参加者に「海外SEO情報ブログ」で有名な鈴木 謙一さんや「リアルアクセス解析(リアルアナリティクス)」の小川 卓さんの名前もあります。

Mieruca(ミエルカ)の使い勝手とは

14日のトライアルがあるので私の運営している実サイトでお試し利用させていただきました。そのレポートです。

mimi01まずはここからログインですね。メールアドレスとパスワードを入力し、ログインです。

mie02ログイン後は、Webマーケティングに役立つニュースが表示されております。各有力サイトからのRSS表示ですので、各サイトを閲覧する手間が省けます。

mie03左カラムの「管理サイト一覧」から調査したいサイトを登録します。

mie04GAとの連携を聞かれますので導入しているのであれば、しっかり連携しましょう。
基本設定は完了です。

キーワード調査コンテンツ

どんなキーワードで流入があるのか、想定しているキーワードでの流入があるのかなどの調査に使えますね。
mif05ご自身で気になるキーワードを手動で入力。

mie06キーワードをインポートすることも可能ですので、すでにリストがあるWebマスターはそれを利用すると早いですね。

計測、データ集計に1Day要するようです。

detawwwデータ集計後は上記のようなダッシュボードトップになっているはずです。キーワードの平均順位やセッション状況をグラフで表示されますので、見やすいですよね。

サイト改善コンテンツ

SEOで大切なのはコンテンツの文章内容や文字量で、そのページに訪れた方がCVに到着するまでに大切なのがレイアウトやコンテンツを閲覧させているような満足させる画像やイラストであったりします。

そのうちの文章と関係性の高い「キーワード」を抽出する機能です。
mie09共起語とよばれ、関連性の高いキーワードでコンテンツの中身、質を高めていくとユーザーの滞在率が上がったり、コンテンツへの信頼度もあがりよりCVに通ずるというものです。

mie10「美容」で共起語を抽出してみますと、かなりの数が出てきます。この中からコンテンツに足りない部分や新しく追加してより詳細なコンテンツに仕上げていくアドバイスツールとして利用可能ですね。

mie07
こんなグラフも生成されます。グラフは「4つの象限」とよばれ統計等解析などでよく利用されるマトリックスです。

「4つの象限ってなに?」となると思いますが、右上のフィールドにいけばいくほど良い状態と考えていただければ良いです。いろいろ説明すると長いので、ごめんなさいご自身でチェックしてみてください。そして、このマトリックスは膨大に利用されております。

最後に・まとめ

こういう簡単に利用できる分析系のツールって楽しいですよね。 Mieruca(ミエルカ)に限らず、テキストマイニングのデータ可視化ツール「見える化エンジン」なんてのもあります。

このようなツールの選定で大事な部分は「導入したから売上が上がる」わけではないです。使う人のスキルそこからなにかに気がつく力などが組み合わさってやっと使えるものとなります。そのためのサポートツールだと誤認識していただきたいです。

また、費用をどうとらえるかも大切です。費用分を人件費に回した方がいいんじゃない?と考えることもできます。そこの争点は、今後の事業計画にどうかかわってくるかも加味する必要があると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です