こんにちは、WebマーケッターのYoshimiです。Web解析や分析が好きです!

SEOの評価対象としてサイトの表示速度が関わっていることはご存知だと思います。しかし、どうやってその速度を計測するの?そして、どうやって改善するの?と思う方も多数いらっしゃると思います。

私がよく利用するツールをご紹介したいと思います。

ブラウザ上で簡単にサイトの表示スピード計測ができる

PageSpeed Insights

PageSpeedInsights
修正必要項目を表示してくれます。js、css、画像の圧縮がメインではありますが、これを改善することてポイントが高くなりgoogleのアルゴリズム評価に準ずる構造が可能になっております。

また、PCとモバイルではスペックが異なるので読み込む速度へも影響があるのでしょう。ですでの、点数も異なってきます。
PageSpeedInsights01
PageSpeed Insights

Google Analytics

anana
Google Analyticsにも簡単ではありますが、ページ速度機能が付いています。コンテンツの表示速度計測するものですが、「人気コンテンツで表示が遅い」などチェックすることができればそのページを修正し、より評価を上げる(SEO対策)ことも可能になると考えられます。
http://www.google.com/analytics/

GTmetrix

GTmetrix
計測したいサイトのURLを入力しクリックするだけで計測がすたーとします。

GTmetrixrepo
評価はA〜Fまであり、どこを修正すべきかを表示してくれます。
RECOMMENDATIONの項目はクリックしますと詳細が確認できますので、特にC判定以下の項目は注力してもると良いと思います。
http://gtmetrix.com/

Pingdom Tools

Websitespeedtest
UIが非常に見やすいというかパンチの効いたカラーリングです。
枠に計測したいサイトのURLを入力して「Test Now」をクリックして完了です。

Websitespeedtest02
構造チェックとパフォーマンスをチェックすることができます。Performance Gradeでは、どのファイルが悪影響を及ぼしているの可能性が高いのかを表示してくれます。GTmetrixとほぼ同じですね♪
Pingdom Tools

Which loads faster?

Whichloadsfaster
今まで紹介したサービスは調べたいサイトを絶対的観点て計測するものでしたが、「Which loads faster?」は2つのサイトのアドレスを入力すると、どちらの表示が速いかを計測してくれるサービスになります。。表示にかかった時間や何倍の差があるのかなどもチェックできてしまう優れものです。

競合他社でにたようなサイトを運営している場合はチェックしてみると良いかも知れませんよ。
Which loads faster?

その他・まとめ

いかがでしょうか?
結局どれが一番いいの?となるかと思いますが、正直好き好きです。

あくまでも指標の一つに過ぎないので、100%改善できたからといって検索結果がぐんぐんあがるものでありませんよ。コンテンツの質も非常に大切ですからね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です