gomisouji

こんにちは、WebマーケッターのYoshimiです。Web解析や分析が好きです!

WordPrssで記事を書いていくとき、下記途中のデータや途中公開、更新データなど実は見えないところでたまっているのです。このデータ多くなればなるほどDBを圧迫しますし、最悪の場合、表示速度にも影響が出るといわれております。(考えてみれば当たり前ですよね、ゴミがあ多ければそれを取り除く作業もしなくてはいけないですし、データとしても何がゴミで何が正しいのかを判別するのに多ければ多いほど時間かかりますから)

そんな、ゴミデータを削除してくれるプラグイン「Better Delete Revision」をご紹介いたします。

[ad#txtimg468]

なぜ、削除する必要があるのか?

改めて、なぜ「削除する必要があるのか?」です。

これは、DBの圧迫があればサーバーに負荷を与えていることになり、Webサイトの表示速度に影響を及ぼす可能性があります。(Googleは2012年の時点でページ表示速度がランキング要因の一つであることを既に公表しています。)

表示速度は閲覧ユーザーにストレスを与える

Webサイトは3秒表示されなければ離脱される

という都市伝説があるくらいです。

Better Delete Revision

Better Delete Revision

削除ダッシュボード > 設定 > Better Delete Revision

削除
投稿記事数と今までの削除shたデータ数が表示されています。
「Check Revision Posts」をクリックします。

削除
「Yes , I would like to delete them!」をクリックします。

削除
削除されたデータの数が表示されます。

これで、不要なデータ(ゴミファイル)は削除されました。

Better Delete Revision

その他・まとめ

このようなデータは運営していけばいくほどたまっていきますが、更新した毎に実施しなくともさほど影響がありません。頻繁に更新しているのであれば月に一度程度でも十分でしょう。プラグインはその時に有効化し、利用しなときは無効化しておきましょう。無駄なリソースをわざわざ発生させる必要がありませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です