WordPressのお問い合わせプラグインといえば「Contact Form 7」がかなり有名だと思います。そのお問い合わせをDBに保存したいと思った方も多いはずです。はい、可能なのです。

メール送信とは別にDBに保存しておく事で、あとからどんなお問い合わせがあったのか、などの統計・データ集計をとる事が可能になり、より戦略に生かす事も可能となります。おすすめなプラグインが2つありますのでご紹介致します。

Contact Form DB

con7db
Contact Form DBを動かすには、Contact Form 7が必須になりますので、インストールしておきましょう。

お問い合わせがあった場合の管理画面です。
contadbaa01
Contact Form 7で作成した数だけ、フィルタリングされお問い合わせ状況を確認できます。データ編集やエクスポートもできます。

ちなみに、「Contact Form 7で利用できるメールタグ」でご紹介させていただいた通り、このようなデータも取得しながら同時並行で運用するとより協力なツールになるはずです。

MW WP Form

MWWPForm
キタジマ タカシさんが作成されたお問い合わせDB保存プラグイン「MW WP Form」になります。

「Contact Form DB」とは異なり、お問い合わせフォームとDB保存が一体化されており、さらにグラフ機能なども追加されているスペシャルなプラグインです。入力画面、確認画面、完了画面、そしてバリデーションエラー画面のURLを自由に設定できますので、工夫次第でいかようにもなります。

wpmwfrom
引用:http://plugins.2inc.org/mw-wp-form/manual/chart/

可視化されるのは非常に魅力的です。割合などが一発で確認できるのは効率的です。アンケートフォームで収集したデータの解析や問い合わせ内容の傾向分析などに便利です。

その他・まとめ

いかがでしょうか?
今回は「Contact Form DB」「MW WP Form」の二つをご紹介させていただきました。

お問い合わせというものは、お客様の声であり、プロジェクトにとって大切な資産でもあります。ですので、有効活用できるようプラグインを導入し運用する事で、業務効率化、売上向上につながるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です