WordPressでコンテンツを作成していく際に、「Yet Another Related Posts Plugin」を利用し、サイト回遊率をアップさせるために関連タグをつける方も多いはず。個人的にtagの表示件数を変更する事も多いです。

みなさんもタグクラウドでの表示でかなりの数が表示されてちょっと変更したいと思った事はありませんか?そんなときの設定方法をご紹介します。

tagの表示数の変更方法

tag cloudの基本設定は

  • 最小ポイント:8pt
  • 最大ポイント:22pt
  • 最大表示:45件

です。

デフォルトで45件もtagが表示されてしまうのです。結構多いですよね。でも、長年ブログ運営していたらその程度の数になるか・・・

で、この数や文字ポイントを変更したい場合は、

wp-includes > category-template.php

を修正いたします。

function wp_tag_cloud( $args = '' ) {
	$defaults = array(
		'smallest' => 8, 'largest' => 22, 'unit' => 'pt', 'number' => 45,

とありますので、
文字ポイントを変更したい場合はsmallest、largestを変更します。デフォルトですと8pt、22ptです。
また、表示数はnumberになるので、45件の表示です。
この箇所を変更する事で調節可能です。

tagのデザイン変更

style.cssでのデザイン変更はstyle.cssに追加する事で可能です。
僕のブログでは、

.widget_tag_cloud .tagcloud a { font-size: 0.9em !important; }

.tagcloud a {
	display: block;
	float: left;
	padding: 8px 11px;
	line-height: 1;
	margin: 0 5px 5px 0;
	background: #BBB;
	color: #FFF;
	border-radius: 3px;
}

.tagcloud a:hover {
	background: #1E9F83;
	text-decoration: none;
	color: #FFF;
}

という感じで記述しており、hoverした場合の色変更等を行っております。
他、tag同士の感覚もcssで設定できます。

その他・まとめ

tag cloudのデザインに関しては、そもそものWordPressのテンプレートで結構整っている場合がほとんどです。ですので、無理して変更する事もないのかなと思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です