wploaago

こんにちは、WebマーケッターのYoshimiです。

WordPressのデフォルト状態では、投稿記事の文字がすべて表示されてしまっていることが多いと思います。the_excerptを活用するのです。

the_excerpt() は、現在の投稿の抜粋を、文末に […](角括弧+三点リーダー)をつけて表示します。この三点リーダーは「続きを読む」リンクではありません。抜粋を直接表示するために使われますが、get_the_excerpt() から返された文字列に開始と終了の

タグを追加します。投稿作成/編集画面 の抜粋文入力欄に記入してあればそれを、抜粋を入力していない場合は投稿内容の最初の 55個の単語までを表示します(注)。また、抜粋のコンテンツからは HTML タグと画像は取り除かれます。このタグはループ内でのみ使えます。
参照:http://wpdocs.sourceforge.jp/

とのこと。今回は詳細は割愛しちゃいます。

[ad#txtimg468]

文字数制限をサクッとする方法

利用するテンプレートタグが抜粋タグです。

 
<?php the_excerpt(); ?>
 

というやつ。これ基本系ですよね。

phpファイル内に記述し、ダッシュボードの抜粋枠に表示したいコメントを入力します。
抜粋↑これです。

デフォルトの抜粋文字数もfunction.phpに記載してあるのですが、
「おれ、PHPとか専門じゃね~し、こわれたら嫌だよ!」
という方は

 
<?php echo mb_substr(get_the_excerpt(), 0, 50); ?>
 

という、記述をしましょう。この場合は抜粋枠に何文字入れても50文字で制限がかかります

良く使われているテンプレート

WordPressは記事を投稿し、カテゴリー分け、タグ分け等すれば自動でページが生成されていきます。以下のテンプレートファイルでは、抜粋(+投稿写真)が良く使われますので、気にしておくとよいかもしれません。

  • index.php(トップページの表示)
  • category.php(カテゴリ別の表示)
  • archive.php(年・月・日の表示)
  • search.php(検索結果の表示)

その他・まとめ

WordPressで記事の抜粋表示は何かと使うことが多いです。

全文表示させてしまいますとスマホで見たときに長くなってしまったり、他の投稿をチェックしたい時にスクルールが長くなってしまったりとユーザーに負荷を与えると感じております。

しかし、短くし過ぎると何が詳細で書かれているのかわかりませんので、調整が必要とも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です